今月のおすすめ「ツキコレ」

和梨

  • 産 地
    長野県産
  • メーカー
    カネシゲ農園

「片思いしとった。」フワフワの土からできるシャキシャキの和梨

  • 化学肥料不使用(30年以上)

バイヤーコメント

ひと夏の恋も終わる長月。万葉集には、「誰そ彼と 我をな問ひそ 九月の 露に濡れつつ 君待つ我そ」と詠まれた歌もあり、きっと作者は、秋の夜長に恋の淋しさを表現したのでしょう。

青果バイヤーの渡会が、すっと片思いだった長野県にあるカネシゲ農園。それが今夏、縁あってついにお付き合いが始まりました。自然豊かな下條村で、化学肥料は先代の代から30年以上も使わずに、「りんご」、「桃」、そして「和梨」などを栽培しています。

そんなカネシゲ農園の9月のオススメは、和梨。「豊水」・「南水」・「あきづき」と甘くてみずみずしい個性派の和梨たちが、最盛期を迎えます。生産者の古田さんも「糖度には自信がある」とのこと。秋の夜長の口寂しさを紛らわすのに、ピッタリな水果です。

今晩は是非、渡会の実った恋心も詰まったカネシゲ農園の「旬の和梨」を、中秋の名月を眺めながらご賞味くださいませ。

 

  • 浜松店・青果担当 草田

スタッフの声

「笑顔を美味しい果物を作る為のエネルギーに変えて最高の果物を日々追い求めます。これからがめちゃ楽しみ!注目の若き農家さんです。」青果バイヤー渡会

最新情報

Go To Top